079-239-8841

兵庫県姫路市大津区天満192-6
(姫路南高校正門前)

午前診療

月~土
8:30~12:00

午後診療

15:00~18:30
火~金
14:00~18:30
13:00~15:00

休診日

日・祝祭日

インプラントQ&A

インプラント治療とはどんなもので、どのような利点があるのですか?

インプラント治療とは、どんなものですか?
インプラントインプラント治療は、歯が無くなったところに人工的に歯を作るためのひとつの治療方法です。
インプラントという言葉は、日本語では『人工歯根』と訳されています。この日本語からわかるように、人工的な歯の根っこであり、この上に噛み合わせ(歯冠、頭、上部構造物などといわれるもの)を載せることとなります。
インプラント治療はブリッジにするのに比べて、どんな利点があるのですか?
ブリッジでは、歯の無くなったところの両隣の歯を削らないといけない(歯の神経の処置が必要になることもあります)のですが、インプラント治療では両隣の歯は基本的に処置しないで(虫歯があったり、歯槽膿漏があったり、噛み合わせの異常などがあれば、治療のために処置を行います)単独で1本の歯を作ることができます。
また、ブリッジは両隣に歯がなくてはブリッジを作ることができませんが、インプラント治療では両隣に歯が無い場合でも大丈夫です。
インプラント治療は部分入れ歯と比べて、どんな利点がありますか?
部分入れ歯だと違和感があり、話しにくい、食べにくい、歯ぐきがやせる、気持ちが沈みがちになる、入れ歯を押さえるバネが付いている、などの悩みがありますが、インプラント治療では、元あった歯と同じような感覚で、話したり、食事をしたりできます。
また、インプラントを骨の中に埋めてあることで噛む力が刺激になり歯ぐきもやせにくくなりますし、部分入れ歯に必要な、隣の歯に金属で作ったバネを掛けるという必要がありません。
インプラント治療にはどんな欠点があるのですか?
まず、手術を必要とします。そのため、すべての患者さんに適応できるとは限りません。また、時間と費用がかかるということがあります。さらに、メンテナンスをしっかりしないと、長い間使っていただくことができない場合があります。
インプラント治療は痛いのですか?
静脈内鎮静法患者さんが一番気にされるのは手術時の痛みだと思いますが、歯を抜くときと同じ様に局所麻酔を十分に効かせてからやりますので、痛みはありません。
しかし、どうしても怖いというような精神的な問題はあります。そのため当院では静脈内鎮静法を応用して手術を行うことができます。眠ってしまっている間の夢心地で終わらせることも出来ます。
手術の後、傷口が治るまでの痛みはほとんどありませんが、もし、あったとしても痛み止め服用の範囲で治まります。
インプラントで噛めるようになった後は痛くないのですか?
一般的な場合では噛むことによっての痛みはありません。手入れが不十分で、普通の歯でいう歯槽膿漏のような病気になると、インプラント周囲に痛みが出たり、インプラントが動いたりする場合があります。
インプラント治療に危険性はないのですか?
いくつかの問題はあります。まず、使用している材料・麻酔に対するアレルギーがある場合インプラント治療ができない場合があります。
また、他の抜歯等の外科手術と同様、手術に際しては危険性を伴いますので、全身的に問題がある場合はできないことがあります。

インプラントQ&A その他のよくある質問

ページ上部へ戻る